環境に優しい冷暖房|地中熱利用に期待|注意する必要があるもの

地中熱利用に期待|注意する必要があるもの

メンズたち

環境に優しい冷暖房

メンズ

深さ10メートル以深の地中は地上の気温に左右されることがないため、冬は温かく夏は冷たいという特色を持ちます。この特色を応用して開発されたのが地中熱利用です。地中熱利用とは年間を通して温度が一定な地中の環境を住環境に利用するというもので、具体的な利用形態としてヒートポンプシステムが挙げられます。ヒートポンプシステムにおいては、地中熱で温度調節した地下水や空気を家中に循環させることで室内温度を管理します。地中熱利用であれば従来の冷暖房のように多大なエネルギーを必要としないため、リーズナブルに利用できるというメリットがあります。また、二酸化炭素を排出しないため環境破壊の心配もありません。利用価値の高さから、多くの人に支持されています。

家を建てる際には、事前に地中熱利用のための設備を設置しておくことでその後の冷暖房費を削減することができます。地中熱利用に伴う工事費はかかりますが、その後削減できる冷暖房費の方が上回るためすぐに回収することが可能です。スイッチ一つで暖房と冷房を切り替えることができるため、季節ごとに冷暖房器具を片付ける手間も省くことができます。地中熱利用の設備を設置するためには、地中にパイプを埋め込む工事が必要になります。住宅の保温と換気のためには空気循環システムが適していますが、雪の多い地方など気温の変化が大きい場合には水循環システムの方が最適です。その土地の気候に応じて適したシステムが異なるため、業者に相談して選ぶことが大事です。